FANDOM


金剛頂寺(こんごうちょうじ)
所在地 高知県室戸市元乙523
位置 テンプレート:ウィキ座標2段度分秒
山号 龍頭山
宗派 真言宗豊山派
本尊 薬師如来
創建年 伝・大同2年(807年
開基 伝・嵯峨天皇(勅願)、弘法大師空海
正式名 龍頭山 光明院 金剛頂寺
別称 西寺(にしでら)
札所等 四国八十八箇所26番
文化財 銅造観世音菩薩立像・木造阿弥陀如来坐像・板彫真言八祖像・銅鐘・金銅旅壇具・金銅密教法具(国の重要文化財)

金剛頂寺(こんごうちょうじ)は、高知県室戸市元崎山に位置する寺院。龍頭山(りゅうずざん)、光明院(こうみょういん)と号す。宗派は真言宗豊山派本尊薬師如来四国八十八箇所霊場の第二十六番札所である。

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:往生に 望みをかける 極楽は 月のかたむく 西寺のそら

歴史 編集

寺伝によれば、嵯峨天皇勅願により大同2年(807年)に空海(弘法大師)が薬師如来を刻んで創建したという。嵯峨天皇淳和天皇が勅願所とし、住職も十代まで勅命によって選定されたという。

長宗我部元親が寺領を寄進しているほか、土佐藩主の祈願所とされた。阿南室戸歴史文化道の指定を受けている。

境内 編集

テンプレート:Commons

ファイル:Kongochoji,龍頭山金剛頂寺 (室戸市)、高知県室戸市元崎山 DSCF7178.JPG

厄坂の石段を上って山門を入ると広い境内に入る。さらに石段を上ると左側に手水場が、左に行くと大師堂がある。正面奥に間口の広い本堂が建っている。本堂手前に鐘楼、本堂から左に行くと宝物館の霊宝殿、弁財天、魚籃観音、護摩堂が並び奥に本坊がある。手水場の近くに一粒万倍の釜がある。

  • 宿坊:定員100名
  • 駐車場:20台、大型3台(納経所にて駐車志納金要)

文化財 編集

重要文化財
  • 銅造観世音菩薩立像(奈良時代前期)
  • 木造阿弥陀如来坐像(平安時代後期)
  • 板彫真言八祖像(鎌倉時代、嘉暦2年・1327年)
  • 銅鐘(高麗時代)
  • 金銅旅壇具 一括
  • 金銅密教法具 一括
  • 大毘盧遮那経・金剛頂経

ギャラリー 編集

テンプレート:Gallery

交通案内 編集

鉄道
バス
道路

奥の院 編集

池山神社

不動岩(番外霊場)

周辺 編集

前後の札所 編集

四国八十八箇所
25 津照寺 --(3.8km)--  26 金剛頂寺 --(27.5km)-- 27 神峯寺

参考文献 編集

  • 四国八十八箇所霊場会編『先達教典』、2006年
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会、2007年(第8版)

テンプレート:Buddhism-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki