FANDOM


薬師寺
所在地 高知県高知市介良丙1832
位置 テンプレート:ウィキ座標2段度分秒
山号 岩屋山
宗派 真言宗豊山派
本尊 厄除薬師如来坐像
創建年 伝・平安時代末期
開基 伝・琳猷
札所等 新四国曼荼羅霊場59番
四国八十八箇所32番奥の院(岩屋寺観音堂)

薬師寺(やくしじ)は高知県高知市に所在する寺院である。山号は岩屋山。宗派は真言宗豊山派。本尊は薬師如来新四国曼荼羅霊場第五十九番札所、寺院を更に登ると四国八十八箇所第三十二番禅師峰寺奥の院の岩屋寺観音堂がある。

概要 編集

平安時代末期、平治の乱で敗れ土佐国介良荘に流罪となっていた源希義が、同母兄頼朝の挙兵により平家より謀反の嫌疑をかけられ討たれた。希義の師であった琳猷上人は、その死を悼んで寺院を興し希義の念持仏を安置したといわれる。これが当寺院の始まりであると伝えられている。

毎年2月11日に大祭が行われる。

岩屋寺観音堂編集

岩屋寺観音堂(いわやじかんのんどう)は、薬師寺を更に登った所にある。四国八十八箇所第三十二番札所禅師峰寺の奥の院である。本尊は十一面観世音菩薩

画像 編集

参考資料編集

  • 現地説明板(介良コミュニティ計画推進市民会議・高知市教育委員会/作成)

外部リンク 編集

テンプレート:CommonsN テンプレート:Buddhism-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki