FANDOM


玉泉寺
所在地 香川県さぬき市造田宮西1022番地2
位置 テンプレート:ウィキ座標2段度分秒
山号 霊雲山
宗派 天台宗山門派
本尊 日切地蔵菩薩
創建年 伝・弘仁5年(814年
開基 伝・弘法大師
中興年 昭和5年(1930年
別称 御休場、日切地蔵
札所等 四国八十八箇所87番奥の院
新四国曼荼羅霊場9番

テンプレート:Commons 玉泉寺(ぎょくせんじ)は、香川県さぬき市造田宮西に所在する寺院。宗派は天台宗山門派。山号は霊雲山。本尊は日切地蔵菩薩四国八十八箇所第八十七番札所長尾寺奥の院、新四国曼荼羅霊場第九番札所。

御詠歌:もろ人の ねがひをかくる 地蔵尊 日ぎ利のちかひ あらたな里けり

概要 編集

寺伝によれば、平安時代初期の弘仁5年(814年)に空海(弘法大師)が、この地で紫雲の光明を放つ霊石を感じ、地蔵菩薩を安置したのが始まりと伝えられる。空海は、日を限ってこの地蔵菩薩を念じれば功徳があると告げた。

明治時代初期に廃寺となった。昭和5年(1930年観音寺町(現・観音寺市)にあった玉泉寺を移転合併し復興した。山門は霊芝寺より移転したものと言われる。

前後の札所 編集

四国八十八箇所
87 長尾寺 --(3.3km)-- 87番奥の院 玉泉寺 --(19.1km)-- 88 大窪寺
新四国曼荼羅霊場

8 西教寺 ---- 9 玉泉寺 ---- 10 自性院

参考文献編集

  • 宮崎建樹/著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会/刊 2010年(第9版)
  • 同 解説編 2007年(第7版)
  • 現地説明板

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki