FANDOM


清水寺
所在地 兵庫県加東市平木1194
位置 テンプレート:ウィキ座標2段度分秒
山号 御嶽山
宗派 天台宗
本尊 十一面観音(秘仏)
創建年 (伝)景行天皇時代
開基 (伝)法道仙人
別称 播州清水寺
札所等 西国三十三箇所25番
播磨西国三十三箇所21番
播州薬師霊場10番
神仏霊場巡拝の道 第78番
文化財 太刀3口・大字法華経 巻第五(重要文化財)

テンプレート:右 清水寺(きよみずでら)は兵庫県加東市(旧加東郡社町)にある天台宗寺院。山号は御嶽山。本尊十一面観世音菩薩秘仏となっている。

西国三十三箇所第25番札所。同じ西国三十三箇所の第16番札所である京都市の音羽山清水寺と区別するため播州清水寺とも呼ばれる。

歴史 編集

寺伝では1,800年前(古墳時代)、天竺(古代インド法道が創建したとされ、推古天皇35年(627年) に推古天皇直々に根本中堂を建立。さらに神亀2年(725年聖武天皇行基に命じて講堂を建立したと伝える。

朝鮮半島から日本へ仏教が伝来したのは6世紀のことであり、「1,800年前に法道が創建」との伝承は後世の付託である。法道は天竺から紫の雲に乗って日本へ渡来したとされる伝説上の人物である。法道開基を伝える寺院は兵庫県南部に集中していることから、「天竺から紫の雲に乗って」云々はともかくとして、その由来につながる仏教者がこの地に存在したことは想定される[1]

伽藍 編集

寺は大正2年(1913年)の山火事で全焼し、現存の諸堂はそれ以後の再建である。本堂にあたる根本中堂の本尊十一面観音像は秘仏。大講堂本尊の千手観音坐像(大正時代作)は秘仏でなく拝観可能である。西国三十三所の札所本尊は後者の千手観音像である。

  • 根本中堂(1917年再建)
  • 大講堂(1917年再建)
  • 薬師堂(1984再建)
  • 地蔵堂(1982再建)
  • 仁王門(1980再建)
  • 鐘楼(1920再建)
  • 本坊(1917再建)
  • 多宝塔跡
  • 阿弥陀堂跡
  • 常行堂跡

文化財 編集

重要文化財
  • 太刀 3口
  • 大字法華経 巻第五

年中行事 編集

  • 修正会― 1月元旦
  • 無縁経法要― 4月第3日曜日
  • 花まつり(仏生会)― 5月8日(月おくれ)及び5月5日~8日の間の最後の休日
  • 精霊会― 8月13日~15日
  • 地蔵盆― 8月24日
  • 二十六夜待法要― 8月26日
  • 朝粥会(読経と座禅)― 4月~12月の毎第3日曜日、午前6時より
  • 月例護摩供― 毎月第3日曜日、午前8時30分より

前後の札所編集

西国三十三箇所
24 中山寺 -- 25 清水寺 (加東市) -- 26 一乗寺

所在地・アクセス 編集

脚注 編集

  1. 本節での「法道仙人」に関する記述は、田中日佐夫 『仏像のある風景』(駸々堂出版、1989年)の、87頁 - 97頁に拠っている。

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Buddhism-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki