FANDOM


曖昧さ回避 この項目では、徳島県勝浦郡上勝町にある寺院について記述しています。徳島県徳島市にある寺院については「慈眼寺 (徳島市)」をご覧ください。
慈眼寺
所在地 徳島県勝浦郡上勝町正木
位置 テンプレート:ウィキ座標2段度分秒
山号 月頂山
宗派 高野山真言宗
本尊 十一面観音
創建年 伝・延暦年間(782年 - 805年
開基 伝・空海
正式名 月頂山 宝珠院 慈眼寺
別称 穴禅定の寺
札所等 四国八十八箇所20番奥院
四国別格二十霊場3番
ファイル:Kanjogataki 03.JPG

慈眼寺(じげんじ)は徳島県勝浦郡上勝町に所在する高野山真言宗の寺院。山号は月頂山。詳しくは、月頂山 宝珠院 慈眼寺と号する。本尊は十一面観世音菩薩。別名「穴禅定の寺」。四国八十八箇所霊場第二十番札所奥の院、四国別格二十霊場三番札所。

御詠歌:天(あま)とふや 鶴の奥山 おくたへて 願ふ功力に 法(のり)ぞ通はむ

概要 編集

上勝町正木の集落より山道を登った石灰岩質の山腹にある。

寺伝によれば平安時代初期の延暦年間(782年 - 805年四国を巡錫中の空海(弘法大師)が、邪気の漂う不思議な鍾乳洞を発見した。洞窟の入口で数日間、加持祈祷を行ったところ悪が洞窟より出て空海を襲った。空海は法力で悪龍を洞窟の壁に封じ込めた。また、十一面観音を刻んで洞窟の前に堂宇を建立し安置した。これが慈眼寺の開創と伝えられている。

境内 編集

  • 本堂:大師堂と護摩堂のある本坊より山道を徒歩で約15分登った場所にある。
  • 大師堂
  • 護摩堂
  • 本坊
  • 穴禅定:徳島県指定天然記念物の鍾乳洞。本堂の更に上部にある。修行用の白衣と藁草履(有料)を借り入洞する。入洞期間は3月1日より11月30日まで(但し、8月13日15日、悪天候時は入洞不可)。
  • 灌頂ヶ滝(かんじょうがたき):「御来仰の滝」とも呼ばれる。寺院の下方にある落差約60メートル直瀑。渇水時は非常に流水が少ない。

前後の札所 編集

四国八十八箇所
20 鶴林寺 --(20.1km)-- 20番奥の院 慈眼寺 --(23.4km)-- 21 太龍寺
四国別格二十霊場
2 童学寺 --(48.0km)-- 3 慈眼寺 --(阿南市経由 78.5km)-- 4 鯖大師本坊

参考文献 編集

  • 徳島史学会/編 『新版 徳島県の歴史散歩』 山川出版社/刊 1995年 163-164ページ
  • 宮崎建樹/著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』解説編 へんろみち保存協力会/刊 2007年(第7版)
  • 『四国第二十番奥の院 別格霊場第三番 慈眼寺』 現地配布パンフレット

関連項目 編集

テンプレート:Commons

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki