FANDOM


愛染院
所在地 徳島県板野郡板野町那東字居内32
位置 テンプレート:ウィキ座標2段度分秒
山号 金鶏山
宗派 高野山真言宗
本尊 不動明王坐像
創建年 伝・弘仁7年(816年
開基 伝・弘法大師
別称 那東のお不動さん
札所等 四国八十八箇所3番奥院

テンプレート:Commons 愛染院(あいぜんいん)は徳島県板野郡板野町に所在する高野山真言宗の寺院。山号は金鶏山。本尊は不動明王。別名「那東のお不動さん」。四国八十八箇所霊場第三番札所金泉寺奥の院。

御詠歌:まつが枝に 御ひかり照らす 金鶏の 佛を頼め たすけまします

概要 編集

伝承によれば平安時代前期の弘仁7年(816年四国を巡錫中の弘法大師(空海)がこの地に霊気を感じた。そこで自ら不動明王を刻み、ここに安置したのが始まりと言われている。

当院には戦国時代この地を治めていた板西城主の赤澤信濃守崇伝の廟が祀られている。 赤澤信濃守は天正10年(1582年長宗我部元親の進攻にあい、合戦中に草鞋の紐が切れ討ち死にしたと伝えられている。何時の頃からか、この廟に参詣すると腰から下の病が治癒するとの信仰を集めるようになった。治癒した信者は当院に草鞋を奉納する習わしがある。

当院の納経は刷毛で書かれ、四国では唯一で全国的にも稀少である。

前後の札所 編集

四国八十八箇所
3 金泉寺 --(3.4km)-- 3番奥の院 愛染院 --(2.3km)-- 4 大日寺

参考資料 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki