FANDOM


延命寺
所在地 愛媛県今治市阿方甲636
位置 テンプレート:ウィキ座標2段度分秒
山号 近見山
宗派 真言宗豊山派
本尊 不動明王
創建年 (伝)養老4年(720年
開基 (伝)行基
正式名 近見山 宝鐘院 延命寺
札所等 四国八十八箇所54番
文化財 梵鐘(市文化財)

テンプレート:Commons 延命寺(えんめいじ)は、愛媛県今治市阿方にある真言宗豊山派寺院。近見山(ちかみざん)、宝鐘院(ほうしょういん)と号す。本尊不動明王四国八十八箇所霊場の第五十四番札所

本尊真言:のうまくさんまんだ ばざらだん せんだ まかろしゃだ そわたや うん たらた かんまん

ご詠歌:くもりなき 鏡の縁を ながむれば 残さず月を うつすものかな

沿革 編集

寺伝によれば、聖武天皇の勅願を受けて養老4年(720年)に行基が不動明王を刻み堂宇を建立して開基。弘仁年間(810年824年)に空海(弘法大師)が嵯峨天皇の勅命によって再興し、不動院圓明寺と名付けたという。

かつては現在地の北の近見山にあって、谷々に百坊を有し信仰と学問の中心であった。しかし、再三戦火に焼かれて境内を移転し、享保12年(1727年)に現在の地に移転した。鎌倉時代には著書の多きこと日本一で学問は内外に通じ、深く後宇多天皇の尊崇を受け、生前に国師の号を賜ったほどの大学僧示観国師凝然がこの寺の西谷の坊で八宗綱要を著したことは有名である。明治の頃、五十三番札所の須賀山圓明寺との混同を避けるため、通称の延命寺を寺号とした。

境内 編集

山門を入ると右手に鐘楼が、少し先に手水場があり左には薬師堂、納経所がある。石段を少し上ると正面に本堂が建ち、左に大師堂がある。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:30台、大型6台(駐車志納金:普通車100円)。

境内にはあせびの木が多く、春の彼岸のころから美しい花をつける。つつじも多く植栽され、花の寺としても知られている。

文化財編集

今治市指定有形文化財

奥の院 編集

ファイル:Chikamizan Enmeiji 08.JPG
圓明寺

山号は近見山。現在は、延命寺境内の薬師堂となっている。

交通案内 編集

鉄道
バス
道路

前後の札所 編集

四国八十八箇所
53 圓明寺 --(34.4km)-- 54 延命寺 --(3.4km)-- 55 南光坊

参考文献 編集

  • 四国八十八箇所霊場会編 『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)
テンプレート:Buddhism-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki