FANDOM


延光寺(えんこうじ)
所在地 高知県宿毛市平田町中山390
位置 テンプレート:ウィキ座標2段度分秒
山号 赤亀山
宗派 真言宗智山派
本尊 薬師如来
創建年 (伝)神亀元年(724年
開基 (伝)行基
正式名 赤亀山 寺山院 延光寺
札所等 四国八十八箇所39番
文化財 梵鐘(重要文化財)

テンプレート:Commons

延光寺(えんこうじ)は、高知県宿毛市にある寺院。宗派は真言宗智山派。赤亀山(しゃっきざん)、寺山院(じさんいん)と号す。本尊薬師如来四国八十八箇所霊場の第三十九番札所

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:南無薬師 諸病悉除の 願こめて 詣る我身を 助けましめせ

歴史 編集

草創伝承 編集

寺伝によれば聖武天皇の勅命によって神亀元年(724年)に行基薬師如来を刻んで本尊とし、本坊ほか12坊を建立、当初は亀鶴山施薬院宝光寺と称したという。その後桓武天皇の勅願所となり、空海(弘法大師)が来錫して再興、脇侍の日光・月光菩薩を刻んで安置、本堂脇に眼病に霊験のある「目洗い井戸」を掘ったといわれる。

伝説によれば延喜11年(911年)赤い亀が境内にある池からいなくなったが、やがて銅の梵鐘を背負って竜宮城から戻ってきた。そこで現在の山号、寺号に改めたという。

境内 編集

山門の左側に手水場があり、その先に鐘楼がある。参道の両側に庭園があり、伝説に関わる、梵鐘を背負った赤亀の像が置かれている。参道が右に曲ると左側に大師堂が、その先に本堂が建っている。本堂と大師堂の間の道を行くと護摩堂があり、本堂前を右手に行くと眼洗いの井戸、庫裏・納経所がある。

  • 宿坊:定員60名
  • 駐車場:50台、大型5台。

文化財 編集

重要文化財
  • 梵鐘 - 高さ33cmの小型鐘。延喜11年(911年)正月の銘がある。赤い亀が竜宮城より持ち帰ったとの伝説がある。

画像 編集

奥の院 編集

南光院
本寺から500m奥に不動明王を祀る堂がある

交通案内 編集

鉄道
バス
道路

前後の札所 編集

四国八十八箇所
38 金剛福寺 --(50.8km:市野瀬・三原経由)-  39 延光寺 --(25.8km)-- 40 観自在寺

参考文献 編集

テンプレート:Buddhism-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki